March 2011     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    

March 23, 2011

None

冬の寒い間、ボイボイでは暖炉で暖をとる。

燃やす木はくぬぎの木だが、樹齢5年〜7年くらいの木々を切り倒し燃やしている。

今まで、何の感情もなかったが、今読んでる「リトル・トリー」というインディアンの物語の本には、生きている木々でつくった薪にも魂は宿るとある。


なるほど、今まで考えもしなかった事だったので考え直されたm(_ _)m


枯れた木々を燃やせれば良いのだが、沢山の枯れ木を一冬分集めるのは至難の技だ。

命を燃やしている薪に感謝しなくっちゃm(_ _)m
命のぬくもり


投稿者:boiboi 投稿日時:March 23, 2011 11:09 PM
皆様からのコメント
コメントを投稿する









上記の設定をブラウザに保存する?